<< 起き上がりこぼれもん
よく見ると巨人 >>
ターナーみたーいなー♪
2019-07-17 20:25:32  | コメント(10)


ターナー風……に見えるかしら( ̄▽ ̄)


芥川龍之介『桃太郎』
https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/card100.html(←青空文庫)
へのファンアートでございます。

いや、以前から描きたかったんですよ、これ。
冒頭部分なんですけどね、八咫烏(やたがらす)が桃の実ついばんで落っことしちゃうシーン。絵画的でしょう( ̄▽ ̄)

芥川といえば、最近『地獄変』を読みましたけど、あれも絵画的でしたね。いや、そもそも主人公が絵師なんで、当たり前っちゃ当たり前なんですが。



ネット小説以外の物語を題材にしたもの、いくつか描いているのですけど、いつか絵とともに書評っぽいものまとめてエブリスタに投稿しようかしら。(なろうじゃないんかい)
ちなみに、今のところ、

・小説
  梶井基次郎『檸檬』
  芥川龍之介『桃太郎』
  太宰治『お伽草紙』(『かちかち山』)
  ギ・ド・モーパッサン『ピクニック』(邦題は『野あそび』とも)
  オスカー・ワイルド『ドリアン・グレイの肖像』
  エドガー・アラン・ポー『黒猫』(エブリスタのみで公開)

・戯曲、詩、その他
  アントン・チェーホフ『かもめ』(戯曲)
  ウィリアム・シェイクスピア『ハムレット』(戯曲)/アルチュール・ランボー『オフィーリア』(詩)
 『ジゼル』(バレエ作品)
  ホメーロス『イーリアス』(叙事詩)
  ヘシオドス『神統記』(叙事詩・『テオゴニアー』とも)

……こんな感じですかね。
思いのほか、お芝居作品が少なかった……?


レモン


[追記]
私の絵にご興味持ってくださったかたへ。
画像一覧ページから探し出すのは大変だと思うので、関連ワードで検索してください_(..)_
たぶんですが、上に挙げたやつは元作品の作者名か作品名で検索してもらえれば出てきます……。
タグ作ってまとめようかしら……


檸檬さん、そうなんですか?

見てみよう(*´∀`)♪

ドルバダーン城ググりました、良いですね~❤
生で見たかったのです(^ω^)
投稿者:みなはら  [ 2019-07-20 16:45:44 ]


おっとお蘭さん、
『告げ口心臓』なら、ときめき君第二部にちょこっと出番がありますぜ( ̄▽ ̄)
投稿者:檸檬 絵郎  [ 2019-07-20 01:45:34 ]


見てきました。
本なんかでよく紹介されてるやつですね。いかにもターナーターナーしてますね。←

私は、もひとつ有名な汽車ぽっぽの絵を見てみたいです。←これも名前がわからん



ちなみに、なろうでターナーとアイヴァゾフスキーを関連づけて創作論に結びつけたエッセイを書いていたりします( ̄▽ ̄)
投稿者:檸檬 絵郎  [ 2019-07-20 00:15:39 ]


ゆうさん
どんなのだっけ……
あとで検索しよ。

ドルバダーン城なら、「怖い絵」展で見ました。(名前あってるかな ^^;)
投稿者:檸檬 絵郎  [ 2019-07-19 20:57:57 ]


そういえばそうですね。アレコレ翻訳されておられましたが、著作権切れならばいいのかしら?←なんか抜け穴ジャンルの様なきかまします。公になると、バーン!の予感がいたします。
投稿者:秋の桜子  [ 2019-07-19 20:24:51 ]


翻訳、ありましたね。せきしびょうかな?
なろうで翻訳ジャンルって、サイト的にはありなんだろうか……
投稿者:檸檬 絵郎  [ 2019-07-19 19:58:12 ]


黒猫読み返し中からの、なろうである作品を翻訳されてて、ラッキーとなり、祭り会場新作覗きにいきましたら、かび臭いエアコン、←ホラーかけますよ。

私はお線香ですねぇ、あと、ろうそくの匂い。となんとなく土が交じりますね、お盆だから………8月に入ると空気がお線香臭く感じますねー←カビとお線香出したら企画主様、卒倒されるやもしれない←(*꒪ヮ꒪*)
投稿者:秋の桜子  [ 2019-07-19 16:42:45 ]


もやもや~❤

自分、ノラム城好きなんです(*´∀`)♪
投稿者:みなはら  [ 2019-07-19 16:39:00 ]


ターナーは海洋画家でもあります。アイヴァゾフスキーと一緒ですな( ̄▽ ̄)

ポーの『黒猫』イメージは、以前ご紹介して見てもらった記憶がありますよ。
そのとき、楽しくなっちゃった、と感想をいただいたかと。
投稿者:檸檬 絵郎  [ 2019-07-19 14:59:33 ]


ターナー君。←なぜか出てきた海賊映画。桃がァぁー

ポーの黒猫←(>▽<)ノ、別宅ですかー。読み専でアカウント取ろうかな……、←雨降りなので青空文庫を彷徨いてるのです。
投稿者:秋の桜子  [ 2019-07-19 12:04:40 ]