醍醐の花見 モバイル版 お気に入り画像登録
醍醐の花見

登録 タグ *豊臣秀吉 *アクリル絵の具 *歴史 * *
編集を行うにはログインしてください

投稿日時
2018-03-23 16:35:09

投稿者
プロフィール画像
檸檬 絵郎

このユーザのマイページへ

お気に入りユーザ登録
投稿者コメント
『醍醐の花見』です。『パリスの審判』ではございません(笑)

桃山時代、時の天下人 豊臣秀吉が晩年に催したお花見の会です。

松の丸さま、淀さまというお偉いさん方(秀吉の側室トップツー)が、盃を受ける順番を巡ってあらそっていたところ、
寧さま(秀吉正室)のお友達であるお松さん(豊臣家臣 前田利家の正室)が割って入って、「お年寄りにゆずってたも」といって盃を取り、その場をおさめたという逸話をモティーフに描きました。
左の殿方が太閤さま、手前で盃を受けているのがお松さん、緑の着物のおばちゃんが寧さま、赤い着物が松の丸さま、青い着物が淀さまで、手をつないでいるお子さんが豊臣秀頼さま(淀さまとの間に生まれた秀吉の世継ぎ)です。ええ、ヴィーナスとキューピッドではありませんよ(笑)
→画像情報ページへ
最大化 | アクセス解析 | ユーザ情報

メッセージ送信
▽この画像のURL(リンクについて)▽


▽この画像のトラックバックURL▽(トラックバックについて)


情報提供