女神に絞められるラオコーンとエトルタの崖らしき背景 モバイル版 お気に入り画像登録
女神に絞められるラオコーンとエトルタの崖らしき背景

登録 タグ *ギリシャ神話 *トロイ戦争 *プロレス技 *アレンジしすぎ? *アクリル絵の具 *仕上げにパステル
編集を行うにはログインしてください

投稿日時
2018-07-10 23:48:41

投稿者
プロフィール画像
檸檬 絵郎

このユーザのマイページへ

お気に入りユーザ登録
投稿者コメント
ギリシャ神話のラオコーンを題材に。彫刻が有名ですね。

___

トロイの木馬ってありますでしょ。
ほら、トロイ戦争で、ギリシャの兵がなかに潜んで、油断したトロイ勢をだまし討ちにしたってやつ。
ラオコーンという人物が、この怪しい木馬を警戒してトロイの人たちに忠告します。「こんなものを街に持って帰ったらあかんぞ」と。
ところが、ギリシャ勢の味方アテナ女神が怒ってこのラオコーンの目を潰し、恐ろしい二匹の蛇を使って彼のみならず、彼の二人の子供をも襲わせて……、
結局、ラオコーンの忠告もむなしく、トロイの人々は木馬を街へ引っ張っていき、まんまとギリシャ勢の罠にはまったのでした……
っていうお話。

___


さて。ここからは、絵の解説(自分でするw)

「蛇に絞められる……、はっ、コブラツイストだっ」という安易な発想から、蛇ではなく女神さまみずからラオコーンを絞める構図にしてみました。
それだけだとさすがに、「なんだこれ」なので、一応二匹の蛇も描きいれて……、
左奥にぼんやりと、神殿か城か、とにかくトロイの建造物。ちょっと下に怪しい木馬。
そして、右奥には海。なぜかフランスの名所「エトルタの崖」らしき岩がある。

アテナ女神の胸には無敵の胸甲アイギス。もちろん、メドゥーサの顔も描きこんで。
髪型は、私の読んだクウィントゥスの著作に「三つ編み」という表現があったような気がするなあ……ということで、三つ編みに。


まあ、そんな感じ。←
→画像情報ページへ
最大化 | アクセス解析 | ユーザ情報

メッセージ送信
▽この画像のURL(リンクについて)▽


▽この画像のトラックバックURL▽(トラックバックについて)


情報提供